GAEからのメール内容(引用)

 
GAEからのメールを全文引用記載しておきます。

英文が分からない方は、サイドバーの Translate (easy) をご利用下さい。
なんとなくは、意味が掴めると思います。
(引用文の後に、超絶簡単な要約を載せてますが…)


Google App Engine Leaving Preview


> Dear Google App Engine Application Administrator,
> In May at Google I/O we announced that Google App Engine would be leaving Preview status later this year.
> As part of Google's long-term commitment to App Engine, we are also updating our policies, pricing and support model to reflect its status as a fully supported Google product.
> We plan to roll this out in the second half of September but we wanted to let you know what this will mean for you and your App Engine applications.
> Please be aware that the timeline may change, but you can keep up to date on our progress on the App Engine blog.
> We plan to send a second email once the new pricing is in effect.
>
>
> ● For all paid applications using the High Replication Datastore (HRD), we will be introducing a new 99.95% uptime SLA.
>   The current draft form of the SLA can be found at http://code.google.com/appengine/sla.html
>   For apps not using HRD, we will also soon release a tool that will assist with the migration from Master/Slave (M/S) to HRD (you can sign up to be in the Trusted Tester for the tool here: http://goo.gl/3jrXu).
>   We would like to emphasize that the SLA only applies to applications that have both signed up to be a paid App and use the HRD Datastore.
>
> ● App Engine has a 3 year deprecation policy.
>   This policy applies to the entire App Engine platform with the exception of "trusted tester" and "experimental" APIs.
>   This is intended to allow you to develop your app with confidence knowing that you will have sufficient notice if we plan to make any backward-incompatible API changes that will impact your application.
>
> ● We will be updating the Terms of Service with language more geared towards businesses.
>   A draft of the new ToS can be found at http://code.google.com/appengine/updated_terms.html
>
> ● We are introducing new Premier Accounts that will have access to Operational Support, invoice-based billing, and allow companies to create as many applications as they need for $500 per account per month (plus usage fees).
>   If you are interested in a Premier Account, please contact us at appengine_premier_requests@google.com.
>
>
>
> We will be moving to a new pricing structure that ensures ongoing support of App Engine.
> Details of the new structure can be found at http://www.google.com/enterprise/cloud/appengine/pricing.html
> This includes lowering the free quotas for all Apps.
> Almost all applications will be billed more under the new pricing.
> Once App Engine leaves preview this pricing will immediately go into effect, but we've done a few things to ease the transition:
>
>
> ● If you sign up for billing or update your budget between now and October 31st we will give you a $50 credit.
>
> ● In order to help you understand your future costs we are now providing a side by side comparison of your old bill to what your new bill would be.
>   You can find these in your Admin Console under "Billing history" by clicking on any of your "Usage Reports".
>   Please review this information.
>   It's important that you study this projected billing and begin any application tuning that you want to be in effect prior to the new bill taking effect.
>
> ● We have created an Optimization Article to help you determine how you could optimize your application to reduce your costs under the new model.
>
> ● We have created a Billing FAQ based on the questions many of our customers have had about the new pricing model.
>
> ● The new pricing model charges are based on the number of instances you have running.
>   This is largely dictated by the App Engine Scheduler, but for Python we will not be supporting concurrent requests until Python 2.7 is live.
>   Because of this, and to allow all developers to adjust to concurrent requests, we have reduced the price of all Frontend Instance Hours by 50% until November 20th.
>
> ● Finally, if you have any additional questions or concerns please contact us at appengine_updated_pricing@google.com.
>
>
>
> In order to graduate from Preview status, we've made and continue to make large investments in platform features, scalability, and stability that your applications will benefit from.
> Thank you for your support, commitment, and feedback on App Engine as it has developed.
> We look forward to working with you for years to come!
>
> Thank You,
> The App Engine Team
>
> © 2011 Google Inc. 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043
>
> You have received this mandatory email service announcement to update you about important changes to your Google App Engine account.

      • --------

とっても簡単に要約?すると

今までプレビュー版だったGAEが正式版になるんだ。色々変わるんだ。
月額500ドルのプレミアムアカウントなんかもあるよ。
9月後半に新しい料金体系にして、無料リソースは減らすよー。
でも、料金とか、まだまだ変わるかもしれないんだ…。
その時にはまたメールするよ。
無料で使ってる人は課金申し込みの検討してみてね。
既に課金している人は新しい料金体系への変更検討よろしく。
10月末までに課金申し込みや新料金承認してくれたら50ドルあげちゃうんだぞ。

検討しやすいように、管理コンソールの課金状況確認に
(新料金になって無料リソースが減ったら)どれがどのくらいになるか
試算を見て確かめられるようにしたから、是非ともそれを見てくれ。
11月20日まではfrontendインスタンスの料金半額なんだぞ。

…という感じでしょうか。


上記のメールに、管理コンソールの "Billing history" から試算が見られるとあったので見てみました。

キャラボットv1.5.2・無料リソース削減対策済みサーバ・返信最速3分・登録ボット数50未満
090102.jpg

一部で10時間ほど無料枠を超えています。

 この$0.45は半額の数字なので、元に戻すと$0.90です。
 参考までにこの額を30日毎日かかる料金として計算すると、月に約$27
 それを日本円($1=77円で計算)に換算すると1ヶ月約2,100円、年間で約25,200円…
 (切りのいい数字に切り上げちゃってます)
 


参考までに、削減対策してないサーバの試算も載せてみます。

キャラボットv1.4.1・登録ボット数20未満
js090102.jpg

 この$7.54は半額の数字なので、元に戻すと約$16です。
 参考までにこの額を30日毎日かかる料金として計算すると、月に約$480
 それを日本円($1=77円で計算)に換算すると1ヶ月約37,000円、年間で約444,000円… (((゚д゚;)))高すぎ…!
 (切りのいい数字に切り上げちゃってます)


20枠未満でこれだけ無料枠を超えているわけですから、69枠フルに使用している場合
削減対策しないとリセットされるまで長時間のサーバダウンは免れないと思います。



注意:料金云々はあくまでも参考として載せただけのものです。
     課金申し込みをしていなければ、無料枠を超えても勝手に課金されることはありません。
     その場合は無料枠を超えたら Over Quota・サーバダウンするだけです。
     一部では有料版といわれてますが、正式版になるのであって、課金は以前からありました。
     今回のメールは、課金料が上がって新料金になること、無料リソースが大幅に減ること
     それにより無料版では不便になる人は課金を考えて欲しいこと
     課金してる人は値上がりしても続ける検討をして欲しいこと
     その他様々な付加機能に関すること、についてのお知らせです。



9月の後半(11月1日?)には新しい料金体系になり
無料リソースが削減されるようですので、それまでに
自サーバの方でアップデートがまだの方はアップデートを行い
試算等を参考に、最速返信分数や登録ボット数を設定すると良いと思います。


キャラボットで無料枠を超過する可能性があるのは
Frontend Instance HoursDatastore Reads の2カ所だと思います。
それぞれがどうキャラボットと関わってくるか簡単にいうと

Frontend Instance Hours の対象は、キャラボットの動作全体

Datastore Reads の対象は、各データの読み出しです。
主にキャラボットのトップページ閲覧や編集画面へのログイン・ログアウト・更新等で一気に消費されます。
トップページの閲覧やログイン・ログアウト、キーワードの更新等が頻繁に行われると無料分の 0.05 を超過し
超過した時点でサーバダウン(Over Quota・例外発生エラー)するようです。

※ トップページの閲覧やログイン・ログアウト、更新等を行わなくてもbotが稼働していれば消費されます。
  また、GAEの管理コンソールの作業(特に Datastore に関する操作)でも消費されます。
ちょっとキャラボットのトップページを覗いただけでも一気に消費量が跳ね上がるちょっと厄介な項目です…
 

もしも、利用しているサーバの管理人さんが何の行動も起こして無い場合
今回の件に気が付いてない可能性もありますので、連絡して聞いてみた方が
良いかもしれません。


しかし、削減対策をしても、キャラボットの仕様上、リセットされる前の
数分〜数十分はサーバダウンしてしまうそうです。(9月2日現在)

ツイッターで #charabot で検索すれば、開発者さんのツイート等が確認出来ます。


※ 9月10日現在:新料金の適用が9月後半から11月1日に変更になったもよう。
  また、Frontend Instance Hours の無料枠が24時間から28時間に延長される見込み。
  その他の詳細等は、下記関連リンクのリンク先にて確認して下さい。



◎ 無料枠削減対策検証中の覚え書きを載せてみますので、参考になるようであればどうぞ 個人的GAE無料枠削減対策進捗状況


※ その他、関連リンク


  Peter Magnusson(原文)






  Kay's daddy(Googleから発表された情報の内の一部ですが日本語訳されています)






11月3日に最終決定のメールがGAEから来たので引用記載してみます。

Get ready for Google App Engine to leave Preview on November 7‏


> Dear Google App Engine Application Administrator,
>
> As a follow up to our previous announcement, on November 7th, 2011 App Engine will be graduating from Preview status.
> This means that starting on the 7th, App Engine will have a new Terms of Service, SLA for paid Apps, and of course the new pricing structure will be in effect.
> This includes our last set of changes that eliminate the Incoming Bandwidth charges and reduce the cost for Outgoing Bandwidth and Blob storage.
>
> The comparison bills that have been visible in your application's Billing History section reflect the cost of running your application under the new pricing structure.
> Please ensure you have properly adjusted your new budget before November 7th so that your app continues to operate smoothly when the price changes take effect.
>
> Additionally, last month with our 1.5.5 release, we launched two related features worth highlighting here.
> Firstly, we made Premier accounts available for those interested in premium support, invoice billing, and unlimited app creation for your domain.
> Inquiries about Premier accounts can be sent to appengine_premier_requests@google.com.
> Secondly, we launched the Python 2.7 runtime as experimental, so that you can test your app against this runtime and make any changes necessary to use concurrent requests in Python.
>
> If you have any questions or concerns about this, please contact appengine_updated_pricing@google.com.
> We're excited for this milestone in App Engine history, and we look forward to what the future will bring.
>
> Thank You,
> The App Engine Team
>
>
> © 2011 Google Inc. 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043
>
> You have received this mandatory email service announcement to update you about important changes to your Google App Engine account.

      • --------

とっても簡単に要約?すると

11月7日にプレビュー版を卒業するよ。
新料金の適用も開始されるよ。
新料金体系下でも貴方のアプリがちゃんと動くように
11月7日までに色々対処とか対応とか済ませておいてね。
色々出来るプレミアムアカウントに興味があったら問い合わせを。
実験的にPython 2.7のランタイムも開始したよ。
質問があったら問い合わせして。

…という感じでしょうか。


まだ1.5系にバージョンアップしてない、Performanceの変更をしていない等、対策を取られてない方はお早めに。

  • 最終更新:2012-05-09 07:03:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード