通常ポストの登録

ボットにしゃべらせることを書き込もう Internet Explorer や Opera は使わないこと!


詳しくは、Charactorbot 公式 Wiki 参照



リソースの消費を抑え、サーバダウンの確率を下げるためにも
直接書き込むのでは無く、エディタなどにまとめて書き
UTF-8で保存してみてからを推奨します。


新規作成が済んだら、ボットにおしゃべりしてもらわないといけないので
 ポストする間隔の設定や、夜間もポストをするか・しないかの設定、おしゃべりして欲しいこと 
を書き込んで行きます。


ポストする時間の間隔は、30分〜1440分まで8段階で選択可能
 ・30分=1時間に2回  ・240分=4時間に1回
 ・60分=1時間に1回  ・360分=6時間に1回
 ・120分=2時間に1回  ・720分=12時間に1回
 ・180分=3時間に1回  ・1440分=24時間に1回

キャラボットは、時間指定タグ(#hour_0# 〜 #hour_23#)を使用して、ポストする時間を指定することも出来ますが
時間のみで、分までは指定することが出来ません。
分を指定したいときには、通常ポスト一覧の保存ボタンを、希望する分の時に押すやり方があります。
(保存ボタンを押した時から時間が動き出すため)


 キャラボットは、通常Postも返信もランダム投稿です 

ですが、なぜか同じ文章を選ぶ確率が高いようで、登録文章が少ないと同じ文章を再選択してしまい
数秒のタイミングのズレで同じ文章の再投稿となって、投稿出来ないことがあります。
(ツイッター側で約半日以内に同じ文章の投稿を禁止しているため)
※〜v1.5.3まで。v1.5.4〜は改善されているようです。


同じ文章を選択することによって、投稿がない(403エラー)を回避するためには
時間指定タグ(#hour_0# 〜 #hour_23#)を使用して、各時間毎に投稿する通常ポストを複数用意して
午前10時なら午前10時用に複数用意した文章の中からランダムに選択して投稿するように設定すれば
午前10時につぶやいたものは午前11時には選択されないので、同じ文章の再投稿ということはなくなります。
もしくは、#time#タグを文章の中に入れて、投稿した時間を一緒につぶやくようにすれば
同じ文章の再投稿ということはなくなると思います。


↓画像の中も読んで下さいね

post01.jpg



 スリープ機能を使用している場合、午前2時〜6時の間に時間指定タグで呟きを指定しても無視されます 

午前2時〜6時のスリープでは都合が悪い場合は、スリープ機能は使わずに、時間指定タグとストップタグの併用で
呟く時間、呟かない時間を細かく設定するというやり方もあります。
 ※使用例→ 当ブログ管理人の登録内容(参考) の通常ポスト部分

使えるタグに関しては→ キャラボットで使えるタグ一覧 を参照して下さい。



注意:ポスト間隔を設定していても、保存ボタンを押すと、その度に投稿されます

保存ボタンを押す度に投稿されるのを避けるためには、上部左側のボットの設定ボタンをクリックして小窓を開き

post02.jpg


小窓の右下側にある一時停止にチェックを入れOKボタンをクリックして、ボットを一時停止させます

post03.jpg



ボットを一時停止させてから書き込めば、保存する度に投稿されることはありません。


※書き込みが全て終わったら、一時停止の解除を忘れずに。
 



  通常ポストは、2000行(v1.5.3〜)まで登録可能です。 ※ 〜v1.5.3は、500行まで 




通常ポストを使用しない場合は、通常ポスト一覧内に何も記入しなければ呟きません。
記入してある場合は、必要に応じてバックアップを取るなどしてから 削除→保存 すれば、呟かなくなります。

 
 
 
 
 







  • 最終更新:2012-05-11 08:29:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード